会社のロゴ

神奈川県大学バレーボール連盟

神奈川県大学バレーボール連盟沿革

 昭和13年10月に(横浜学生排球連盟)が、4つの高等専門学校で秋季リーグ戦を開催したのが、当連盟の第1歩である。結成時の4校は、関東学院、横浜商業専門学校(現市大)、横浜高等商業(現横浜市大医学)も加盟している。
 昭和24年新制大学の発足とともに、横浜4大学リーグとして、組織を改変し、大学連盟会長に鈴木辰雄氏(横浜市立大学)が就任した。加盟大学は横浜市大学、関東学院大学、神奈川大学、横浜国立大学の4校である。
 昭和30年代には、防衛大学校、東海大学、50年代には幾徳工業大学(現神奈川工科大学)の加盟があり、7大学リーグで開催された。60年代には、産能大学、文教大学、桐蔭横浜大学の加盟もあり、平成2年度より1・2部構成で春季リーグ戦開催。秋季は選手権大会(トーナメント戦)とした。なお女子の部においては、昭和62年度秋季より1・2部制に移行した。
 一方、女子は当初は参加チーム数も少なく、ただ横浜国大が高いレベルを維持していた。
 昭和40年代に入り、横浜国大、東海大、フェリス女学院大、神奈川大、鶴見大、相模女子大の6大学でリーグを構成していた。
 のちに、防衛大学、関東女子短大、小田原女子短大、和泉短大、上智短大、横浜女子短大が加盟し、60年代には松蔭女子大学、足洗学院、東洋英和短大、東京工芸短大などが加盟している。
 ただ、近年においては、部員不足などで廃部に到った大学も多く、現在(平成22年度秋季)の加盟校には男子14校、女子13校である。

・男子加盟校(13大学)
東海大学、産業能率大学、防衛大学校、神奈川大学、神奈川工科大学、関東学院大学、横浜国立大学、桐蔭横浜大学、北里大学、文教大学、横浜市立大学、鶴見大学、東京工芸大学
・女子加盟校(12大学)
東海大学、松蔭大学、神奈川大学、鎌倉女子大学、文教大学、横浜国立大学、東洋英和女学院大学、北里大学、横浜市立大学、相模女子大学、防衛大学校、フェリス女学院大学

歴代主要役員

会長 副会長 理事長
S24~47 鈴木 辰雄 (事務局長)
S42~43 鎌田 章 佐藤 良雄
S44~47 鎌田 章 古垣 源次郎 矢野 博
S48~51 鎌田 章 正 貞彦 古垣 源次郎
S52~57 正 貞彦 斉藤 歖能
S58~63 正 貞彦 斉藤 歖能 堀池ハマ子
H1~3 正 貞彦 斉藤 歖能
H4~9 斉藤 歖能 鈴木 昇
H9~12 斉藤 歖能 鈴木 昇 斉藤 勝
H13~17 鈴木 昇 永田 俊勝 矢野 博 前岡 孝行
H19~22 矢野 博 成田 明彦 泉川 喬一
H23~ 矢野 博 成田 明彦 永田 道子 泉川 喬一